Brands

原料は水と空気だけで作り出す超微細な泡です。

普通の泡の大きさが1000μm以上に対してマイクロバブルの気泡の大きさは50μm前後になります。

マイクロバブルの特殊な力に注目が集まり、様々な機関で研究が盛んに行われています。

浮上速度が遅い

通常の泡に比べマイクロバブルは体積が

小さいため、浮上速度が遅くなり、水中に

滞在している時間が長くなります。

水に溶けやすい

通常の泡に比べて小さいので、中心までの

距離が短く、大きい泡に比べて液体に溶け

やすい特徴があります。

物質に吸着する

マイクロバブルはマイナス電子に帯電して

おり、水中に浮遊するプラス電荷の物質に

吸着する特徴があります。

泡が壊れにくい

マイナス電子に帯電しているため、マイクロ

バブル同士は合体や吸収が起こりにくく、

小さい状態のままを保ち、均一に液中に

分散します。

​他社マイクロバブルとの違い

マイクロバブルの種類としてマイクロナノバブル、マイクロファインバブル、ウルトラファインバブルなど色々と存在する中、マイクロバブルの発生方法は2種類に分けられます。

 ・電源を使用せず、圧力を下げて発生させる自給式マイクロバブル

   圧力を下げるため、水圧も弱くなってしまうが、常に新しいお水に対してマイクロバブルが

            発生される(かけ流し)ため、非常に衛生的でほとんど手間をかけることなく、

   使用することができる。 

 ・電源を使用して、圧力を加えて発生させる循環式マイクロバブル

   圧力を加えるため、水圧も非常に強くなるが、ホースなどに汚れなどが付着してしまうため、

   定期的に清掃やメンテナンスをする必要があり、非常に衛生的とは言えない。

   また、マイクロバブル発生器の設置や使用するのにあたり通常通り使えないケースが多い。

 

2種類の良さを生かし、弱点を補ったマイクロバブル発生機

圧力を加えながら、かけ流しできるため、様々な業界で注目を集めております。

マイナスの電荷を帯びた炭酸の2000分の1以下の大きさのマイクロバブルは、毛根の細部にまで入り込んで汚れを吸着、除去します。これを利用することで、肌や髪の細胞間の

洗浄・保湿・保温・石鹸の泡立ち・繊維間の汚れ除去・土や植物根への酸素供給を

助けます。

6.1

7.3

7.3

​pHグラフ

​2.8mg/l

​19.9mg/l

酸素量グラフ

​血行促進の検証

サーモグラフィを使用し、手のひらを下記の4ケースにて実験を行い比較いたしました。

marbbと他社製品のマイクロバブルの結果を比べると、手のひら全体の皮膚温度の上昇率の違いが

明瞭にあらわれました。

ケース1

通常時

ケース3

他社製マイクロバブルに5分間

つけた場合

ケース2

お湯に5分浸けた場合

ケース4

弊社マイクロバブルに5分間

つけた場合

​この実証データにより、弊社のマイクロバブルによる皮膚温度の上昇、

およびそれによる血行促進効果が得られました。

他業種用のマイクロバブル

美容サロン用マイクロバブル発生器

marbb_黒.png

マイクロバブルとは

マイクロバブルの特長

Copyright © Microbubble Japan Co. Ltd.

> Other Brands